さいたま市 市税の使いみち

・・・・・・・・の場合
市税の使いみち
総額 XX,XXX
市税の負担額
総額 XX,XXX

◎計算内容について

 当ページ内での税額の計算は、一定の条件のもと記載された収入額を所得に換算し、モデルケースごとに記載のある控除及び社会保険料控除を適用した数値を基に算出しています。そのため同様の世帯構成や収入の方であっても、表示された税額と同じ税額になるとは限りません。課税内容について、詳しくお知りになりたい場合は、以下の各税目ごとの項目中のリンクをクリックしてください。また、各数値は平成29年度(2017年度)のものを使用しています。

〇個人市民税について
  • 住民税は市民税・県民税で構成されており、表示される税額は市民税にあたる部分のみの数値となっています。また、市民税・県民税の割合は、平成29年度までは市民税が6%、県民税が4%となっていますが、平成30年度以降は市民税が8%、県民税が2%に変更となります。
  • 社会保険料控除は、いずれのモデルケースでも一律収入の14%として算出しています。
  • 会社員世帯、年金暮らし世帯の所得計算は、それぞれ給与所得、公的年金雑所得の計算方法により算出し、自営業世帯の所得計算は、経費を収入の30%として算出しています。
  • 個人市民税の計算について、詳しくはこちらをご覧ください。(http://www.city.saitama.jp/001/004/002/001/001/p013654.html
〇軽自動車税について
〇固定資産税・都市計画税について
  • 新築住宅、認定長期優良住宅等にかかる減額措置は適用されていないものとして算出しています。
  • 固定資産税・都市計画税の計算について、詳しくはこちらをご覧ください。(http://www.city.saitama.jp/001/004/002/002/index.html

◎当ページのコンテンツについて

 当ページ内のコンテンツは、千葉市役所総務局情報経営部業務改革推進課より提供を受けた「千葉市 市税の使いみちポータルサイト」(http://www.city.chiba.jp/somu/joho/kaikaku/tsukaimichiportal.html)のソースコードを基に、一部改修を加え構築したものです。

▲トップ